エニーキャストアドレス

用語

IPアドレスは、一般的に特定のインタフェースへ一意に割り当てて利用します。 この利用形態のIPアドレスをユニキャストアドレスと呼んでいます。

それに対して、エニーキャストアドレスは、 複数のインタフェースに割り当てられたIPアドレスです。

エニーキャストを用いると、送信元から送信されたパケットは、 エニーキャストアドレスが割り当てられたインタフェース群の中でネットワーク的な距離が最も近いインタフェースに配信されます。 そのためインターネット上のサービスを提供するサーバの分散配置が可能となり、 対障害性などを強化することができます。

エニーキャストの利用形態の一つにDNSサーバの分散配置などが挙げられます。

エニーキャストアドレスとは、ネットワーク上の所在地を表すアドレスの種類の一つで、特定の複数のノードで共有されているが、データは送信者から最も近い特定のノードにのみ届く特殊なアドレス。

エニーキャスト(anycasting)はIPv6などに用意されている仕組みで、ネットワーク上で互いに離れた位置に存在する複数のノードをグループ化し、一つのエニーキャストアドレスを共有する。

送信者がエニーキャストアドレスを指定してデータを送信すると、グループ内で経路的に最も近い一台にのみ届き、他のノードではデータは転送されないよう制御される。DNSルートサーバなどが利用する特殊なアドレスである。

これに対し、ネットワーク上の特定の一台を指し示すアドレスを「ユニキャストアドレス」(unicast address)、ネットワークに参加するすべてのノードを同時に指し示すアドレスを「ブロードキャストアドレス」(broadcast address)、特定の複数のノードを同時に指し示すアドレスを「マルチキャストアドレス」(multicast address)という。

エニーキャストアドレスとは - IT用語辞典
エニーキャストアドレス【anycast address】とは、ネットワーク上の所在地を表すアドレスの種類の一つで、特定の複数のノードで共有されているが、データは送信者から最も近い特定のノードにのみ届く特殊なアドレス。エニーキャスト(anycasting)はIPv6などに用意されている仕組みで、ネットワーク上で互いに離れ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました