【英語学習】リスニング力の鍛え方

英語学習

ディクテーション

ディクテーションとは、「英語の音声を聞き取って、それを一語一句書き起こしていく」というトレーニング法です。

効果1:「読める英語」と「音で理解できる英語」のギャップに気づける

効果2:自分の弱点がすぐにわかる

効果3:リスニングだけでなく、英語力が総合的に向上する

以下のサイトでディクテーションについて解説しています。
https://dokugakuenglish.com/listening/dictation/

洋楽を聞く

洋楽聞くことは、英語耳を養う上で効果的です。会話文などセリフを聞くだけでは飽きてしまう、興味が持てないことも多いですよね。好きな音楽を通すことでリズムよく習得できる点とてもオススメです。歌詞の中には、教科書には出てこなかった表現もあるかもしれませんが、いわゆるスラングも多く含まれています。Jポップでも若者言葉など使われていることも多いですよね。そうしたものも同時に習得できる点メリットが多いです。

リエゾン(リンキング)を聞き取る

英語では、文章中の2つの単語が連結して発音が変わる現象(いわゆるリエゾン)がよく生じます。リエゾンは、英語では linking(リンキング)という呼び方のほうが一般的です。

リエゾン(リンキング)は、英語の文章レベルの発音に関わる大事な要素です。大まかな要領は早々に把握してしまいましょう。

子音と母音がつながって変化するパターン

t+母音
d+母音
k+母音
l+母音
n+母音
r+母音

子音と子音がつながって変化するパターン

k+y
t+y
d+y
p+y
ch+y
sh+y
f+y
l+l

ニュース英語を聞く

時事用語のリスニングを鍛えるなら、英語のニュースを聞きましょう。初級レベルの人は、子供向けや英語学習者を対象にしたプログラムを活用すると良いでしょう。

ドラマ・映画・動画サイトを見る

英語の字幕付きや、字幕なしの動画を見て、楽しみながら英語を勉強するのもおすすめです。このとき大切なのは「意味をつかもうとしながら聞く」ことです。視覚を楽しむことを優先せず、英語字幕や、英語学習用の教材がある場合はスクリプトを活用し、必ず聞き取った内容と実際の英文を照合してチェックしましょう。また、作品によっては、スクリプトや和訳付きの教材が販売されているので、積極的に活用しましょう。

音を聴き取る:

発音を聴いて、文字がイメージできる状態(アポーと聴いて、Appleだと分かる)

意味を理解する:

発音を聴いて、瞬時に意味がイメージできる(アポーと聴いて、赤く、丸い果物が頭の中にイメージできる。決して、アポー=りんご⇒赤く、丸い果物 と日本語訳を介して意味を理解することではないことに注意してください)

リスニングを鍛える英語アプリ15選

リスニング力を鍛えるためのアプリを以下で紹介しています↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました